Uncategorized

隣に住んでた綺麗なお姉さんとのひと夏の思い出・・・ネタバレ1話

隣に住んでた綺麗なお姉さんとのひと夏の思い出・・・ネタバレ1話

 

圭介は毎日楽しいこともなく仕事を黙々とこなす毎日を過ごしていた。

そんな圭介は子どものころのことを思い出していた。

家の鍵を忘れてしまった圭介は、家の前で親が仕事から帰ってくるのを待っていた。

そこへ隣に住むお姉さんが帰って来た。

お姉さんはこんなところでどうしたの?

と優しく話しかけてきた。

鍵を忘れてしまったことを話すとお姉さんがお姉さんの家で待たないかと提案してくれた。

お姉さんは圭介と少し遊んだあと、お姉さんはお風呂に入り出した。

圭介は、我慢ができなくなりお姉さんがお風呂に入っている姿をのぞいてしまった。

シャワーを浴び終わったお姉さんは裸でとってもセクシー♡

圭介は心臓バクバク。

お姉さんがシャワーを浴び終わり出てくる。

とってもセクシーな格好。

お姉さんにお風呂をのぞいていたことがバレてしまった様子。

怒られるかと思った圭介だけど、お姉さんは怒ってない様子。

お姉さんの身体見てビンビンになってしまったち◯こをお姉さんがゴシゴシしごいてくれる♡

圭介は、ゴシゴシしごかれてついに果ててしまう、、、♡

射◯した後も圭介のち◯こは、ビンビン♡

そんな圭介を押し倒して今度はフェ◯し出すお姉さん。

射◯我慢するものの、お姉さんの口の中で果てる圭介。

つづく